自分にピッタリの不動産担保ローンを探していこう!金利、信頼度、審査など

安心の不動産担保ローン比較【低金利・銀行系など】

不動産担保ローン・TOP > 不動産担保ローンの審査
不動産担保ローンの審査

不動産担保ローンの審査というのは、ほとんどの会社は、審査内容を非公開にしていますが、基本的には金融会社と保証会社の審査があります。

普通のキャッシングでは、お金を借りる人の現在の借入や返済能力の有無、今までの金融トラブルなどを調べますが、不動産担保ローンの場合はそれに加えて担保となる不動産についての審査もあります。

担保にする不動産が、本当に金額に見合う価値があるかどうかというのは、不動産担保ローンの審査ではとても重要です。

借りる本人にとって価値がある物件でも、市街化区域や調整区域だったり、再建築不可のような立地条件では、不動産価値も下がります。

審査もその不動産価値の基準に合わせて行われるので、自分の家より古い家で審査が通るところもあれば、極端に言ってしまうと、新築で土地が広い家でも、審査が通らないところもあるということです。

実際に審査を受けるためには、まず申し込みが必要ですが、不動産物件に関しての審査は、すぐに物件を見に行くというのではなく、書類による机上審査となります。

金融会社によって必要な書類は異なりますが、ほとんどの金融会社に共通するのは、本人確認書類と所得証明書(事業者は決算書)、不動産の登記簿謄本、借入金残高証明書などです。

申し込みの方法は、インターネットから申し込み出来る会社もありますが、基本的には電話などで問い合わせという形で申し込みをして、プレ審査の後、必要書類を提出して本審査となります。現地で実際に不動産物件を審査して、最終的に融資可能か、融資額はいくらかというのが決定します。

関連エントリー


Copyright ©  安心の不動産担保ローン比較【低金利・銀行系など】 All Rights Reserved.